• 朝野裕一

戦略的中断〜イノベーティブ・ランニングのその後;中間報告

マラソンあるいはハーフマラソンに出て、途中で意図的に1分程度の

中断=止まってストレッチなどをすること(を戦略的中断ランニング

=イノベーティブ・ランニングと称しています)にチャレンジした結果

を、中間報告としてお知らせしているのが次回(6月20−21日配信予定)

の「トーク・オン・エクササイズ

その全編をホームページ上にアップしているので、お聴きください。

また、配信後の本編もお聴きくださればありがたいです。

結果を先に言うと、今回のハーフマラソン大会では、残念ながら思った

ほどの結果(タイム)は得られずに終わりました。

図らずもトイレに行きたくなってしまったkizu氏。思った以上の休息時

間となってしまったこともあってか、自己最高タイムよりも10分近く

遅いタイムになってしまいました。

この戦略の利点として、

疲労困憊になる前に取る休息によって、後の走りが速くなるという仮説

を立てていました。

これは実感として感じ取れたということでした。

一方、途中で止まるタイムロスに関しては、無駄な時間に過ぎないと

いう考えも否定できませんでした。

また、コース設定によってはその休息をどこの時点でどのくらい、何回

取るべきか?という戦略的な課題を明らかになりました。

一応今回は、

最初の5kmとゴール手前の5km(15km地点)の2回急速タイムを取る

作戦を取りました。

この方針は引き続き取っていきたいと思っています。

1回限りのレースではなんとも言えない、というのが結論ですが、

再び7月にチャレンジする機会があるということなので、その結果を

また報告したいと思っています。

乞うご期待!

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。

(昨日は戦略的ではありませんが休息をとりました)