top of page
  • 執筆者の写真朝野裕一

身体-カラダ-メンテ その八〜具体的な身体操作4(続・椅子に座って行う)

更新日:2023年2月23日

前回に引き続き、

椅子に座って行う身体操作の具体例紹介です。


ハムストリングスのストレッチをしましょう!

太ももの裏についている筋肉群であるハムストリングスは、

気がついたら硬くなっているというケースが多いです。

そういう場合得手して背中を丸めて、

手が足先に届けばいいと考えがちです。


ですがこれでは思ったより、

ハムストリングスが伸長(ストレッチ)されません

(下の写真を参照)。











ハムストリングスをしっかりと伸ばしたければ、

まず股関節を曲げていく動きを

先行させることが重要です

(下の写真を参照)。











そこで、

背中を丸める動きをなるべく抑え、

股関節から始動するために、椅子に座った状態で

まずは深く屈(かが)んでみましょう↓




















次に、

徐々にそこから膝を伸ばしていきます↓




















最後に手を足先に伸ばしていきます↓



















膝はできればまっすぐに維持したいところですが、

その人の硬さに合わせて行ってください。


ちょっとした空き時間に

椅子に座ったままの状態でできる

ハムストリングスのストレッチでした。


※ただし、

 腰や股関節に痛みがある方は無理に行わないでください。

 また、

 人工股関節の手術を受けた方は脱臼の危険性があるので

 行わないでください。


参考になれば幸いです。

ここまで観ていただきありがとうございました。

ではまた次回に。




Comments


bottom of page