• 朝野裕一

健康と身体運動

健康的に生きるとはどういうことでしょうか?

決して大上段に構えているわけではありません。

今日は、

健康を身体運動の側面からちょっと考えてみようかと思います。

健康を保って生活するための条件の一つに、身体運動の自由さ

が挙げられると思います。

身体運動の自由さを仮に、

好きな時に、何の支障も感じずに、好きなだけ動けること

と定義してみましょう。

そのためには何が必要か?

以前すでにお話ししたかと思いますので、振り返ってみます。

身体運動の自由さを成立させる条件は何か?

あぁ〜また難しい話だよ。

と思われたかもしれませんね。

もっと簡単に示すと、

こうでしたね。

アライメント・姿勢と書いていますが、もっと簡単にするとバランス

能力と言っていいでしょう。

これら=可動域・可動性、筋出力・筋収縮、バランス能力を自分の思う

通りに身体を動かすために必要な条件と考えてみると、

関節の柔軟性のためのストレッチ、関節を自由に動かすための筋出力=

神経の働き、バランスを保つための感覚能力+関節の可動性・筋出力

という風に考えられます。

また難しいことを?!

もっと簡単に標語にしてみると、

◆関節を柔らかく保ちましょう

◆思った動きを思っただけできるように力を入れましょう

◆バランスを保ちましょう;止まる(静的安定)・滑らかに動く

(動的安定)

こんな感じでしょうか?

運動や活動のレベルが上がるほどに、これらの要素はより強く・速く

あるいはより長く必要になってきますが、日常生活レベルにおいては、

誤解を恐れずに言えば、

そんなに難しく大変な運動を続ける必要はないと思っています。

※持久的な要素=心肺機能;歩くなど、や代謝機能=運動による血流

改善などを含む;筋肉をつけて基礎代謝を高める、なども当然必要に

なってきます※

前回まで続けていた、

何気ない運動などを、しっかりと目的を知り、正確にできるように

注意しながら行なっていれば、

健康の身体運動の側面からは充分ではないか、と思います。

これからも、

何気ない運動に潜む盲点などを添えながら、楽しく運動するための

方策を探っていこうと思います。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。