• 朝野裕一

身体が動く仕組みを知ろう;その2〜関節の可動性のこと(3):とにかく動く範囲を 広げ/維持し よう!

ここまで、他動とか自動とか、可動域と可動性?良く分かんないな。

というあなたにお伝えします。

わからなくても大丈夫。

要は、

日々の身体の動きを確かめて、その動きが狭ければ広げましょう。

狭くなければ維持しましょう。

結論はそういうことです。

ただ、

なぜ他動・自動だとか可動域・可動性などとややこしくお話ししてきた

かといえば、

正しい目的と方法を知っていただきたかったからです。

ここでまとめてみましょう。

他動にせよ自動にせよ注意しなければならないことは同じです。

☆必要以上の努力をして、力を入れ過ぎないようにしましょう。

〜他動ストレッチならば、自分の体の重さや他人からの力を借りて、

なるべくリラックスしてしばらくの時間(10秒以上30秒くらいまで)

ジーッとして保ちましょう。

〜自動ならば、初心者(というか身体が硬いと思われる方)は、勢いを

つけずに、自分が楽に動かせる範囲を確かめる気持ちで行いましょう。

☆反動をつけないで行いましょう。

〜他動・自動どちらにもいえますが、

特に他動の場合、反動をつけると伸ばしたい筋肉が反射的に収縮して

しまう場合があるので、反動はつけないで行なってください。

☆普段動かしていない範囲を見つけ、その方向に特に集中して取り組み

ましょう。

〜これは他動・自動どちらにも当てはまります。日常生活の動きを振り

返ってみましょう。

以上が、ここまでお話しした趣旨・目的です。

可動域と可動性、他動と自動のストレッチなど一見すると面倒臭いよう

ですが、知っておいて決して損はない情報です。

でも、

最低限今日お話しした点(☆マーク)だけでも覚えて、お持ち帰り

ください。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。