• 朝野裕一

身体が動く仕組みを知ろう;その3〜筋トレに対するイメージを変えよう(9)

昨日書いたように、日常生活の中の動作(家事動作を含みます)の

中で、筋トレをすることができるのですが、中止すべきポイントが

あります。

それが、階段昇降の時にも書きましたが、一つは「姿勢」です。

猫背姿勢や、腰曲がり姿勢ではない真っ直ぐな姿勢(直立位)を

目指しましょう。

もう一つは、

アライメントと呼ばれる骨の配列=関節の位置関係です。

例えば掃除機をかけている時の半歩膝を前にした姿勢(半歩前荷重

の場合、股関節・膝と足の位置関係に注意しなければなりません。

足の向きに対して、膝が内側に入る(knee-inと言います)位置関係は

膝に負担がかかります。

反対に足の向きより膝が外側を向く(toe-in knee-outと言います)位置

も膝に負担をかけます。

要するに、

股関節・膝関節・足関節が真っ直ぐになる位置関係が理想的です。

姿勢アラインメント、この二つが特に重要です。

一応覚えておいて下さいね。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。