• 朝野裕一

滑らかに動きたい!

もともと自動車の運転が好きで、中でもスピードを出す感覚という

よりは、滑らかに動かす運転に快感を感じる、という意味での運転好き

と言えます。

今の世でもまだマニュアル車を運転しているのは、ギアチェンジをいか

に滑らかにして、ガクンという減速や加速がない運転を目指している

からです。

昨今、高齢者の運転ミスによる大きな事故が報道されています。

ちょっと前からブレーキ・アクセルの踏み間違いによる、建物への追突

事故は身の回りにしばしば見るほどよくある事故でしたが、この頃は

それが人のたくさんいる中や交差点など危険な領域にまで、起こること

が目立っています。

なんでそんなことが起こるのか?

AT車はアクセルとブレーキの二つのペダルがあるだけです。

ですからどうしても、二つに一つの踏み間違いは起こりやすいのかも

しれません。

基本的にはマニュアル車の方がより複雑で、高齢者の認知力が低下して

いる可能性のある場合、より難しく危険なのかもしれません。

しかし、一方でギアの入れ換えを間違うとエンストを起こしやすく、

必然的に車は止まってしまいます。

マニュアル車の方がむしろ危険が少ないのでは、という意見もあること

は確かです。

まぁ、

とにかく最終的には判断力の低下による操作能力のミスなわけで、

よくよく運転者は注意深くならねばなりませんね。

さて、

マニュアル車のギアチェンジはうまく行えれば、AT車の加速・減速より

も、スムーズに・滑らかに行うことができます。

昔からスピード以上に、運転の滑らかさを追求してきたドライバーとし

ては、乗っている人が、ピクリとも動かない環境で加速や減速ができた

とき(それだけ滑らかに走っていることになります)の達成感は何物に

も変えがたい快感です。

この快感は体験したものしかわからないかもしれませんが、

先日運転しているときふと考えたことは、ヒトの動きにもそういう滑ら

かさをよしとする感覚が自分の中にあるのかなと。

そうやって思ってみると、

イチロー選手の滑らかな身体の動きなどに、見ているだけで快感を感じ

る自分がいるわけで、

自動車の運転とヒトの体の動きの滑らかさには、両方に相通じている

快感を感じているのかなと、思った次第です。

できるだけ自分も、イチローまではとても無理ですが、少しでも滑らか

な身体の動きを身に付けたいなと改めて思っています。

それだけ自分の動きが硬いと感じているせいかもしれません。

ますは可動域を広げて、それを力まずに動かす柔軟性・可動性を体現

したいと思うこの頃です。

皆さんはどうですか?身体の動きは滑らかに・しなやかに動かせている

でしょうか?

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。