• 朝野裕一

運動の自由度を獲得するために〜その七

ここまで、

自由に動くことを目指すヒントを書いてきました。

まずは歩いていようとか、大きく動いてみよう、素早く動いてみる、

長く動いたり姿勢を保っているなど、全て運動の自由度を獲得するため

の条件的な要素を挙げてきました。

自由に動くとは、

しなやかに、自分の思った通りの動きを苦もなく(のように端からは

見える)、環境の変化に応じて安全(安定している)かつ適切に最適な

動きを出せること。

こういう風に動けたらいいよなぁ、楽しそうだよなぁと感じる動き。

それが、

運動・動きの自由度と考えます。

そのためには、

大きく動くための可動域と、しなやかに動くための柔軟性・可動性、

長く動ける持久力(全身・筋肉)、素早く動ける俊敏性・アジリティを

持っていなければなりません。

感覚的な鋭敏性も必要でしょう。

目や耳(前提系)の働きや皮膚感覚、体性感覚(動いている感覚)など

の入力系・センサーも働かさなければなりません。

これらすべてが、

動くことを通じて初めて獲得できるものでしょう。

ですから、

日常生活の定型的な動きから脱して、いろいろ環境や状況に応じた動き

を試してみたり、挑戦してみたりすることと、日頃の動く範囲に気を

つけて、パターン化された範囲を超えて動かす習慣を身につけておくと

求める自由度が得られるのではないかと思います。

言うほど簡単ではない反面、やれるところからいつでもできるという

気軽さもあります。

自分のレベルに合った形で、トライ&チャレンジしてみてください!

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。